大震災①

>

大震災①

ジェイ・エス・エス代表

今日の大阪の地震は驚きました。

ちょうどNHKで「半分、青い。」を見ようとしていたところに
あのドキッとするような地震速報が流れたのです。
死者もでるような大震災ですが、私の田舎の神戸ではさしたる被害もなかったようです。

当所では過去には阪神淡路大震災があり、大変な被害がでた神戸ですが
その時、私は仙台に住んでいました。

ふだんは5時に起きることもないのですが、
その日はたまたま出張で始発の新幹線にのるために起きていました。
テレビの地震情報を見てもまだピンとこないで「一応連絡してみるか」と
電話をしたのですが、つながりませんでした。

そのまま家を出て仙台駅で映像を見ると
なんと阪神高速が倒壊しているではありませんか。

おどろいて実家に電話をしましたが、やはりつながりません。
当時は携帯電話も(当然がプリ!の安否確認だってつかえません)もっていなかったので途方に暮れました。

「もしや家が倒壊していたら・・・」

人間は追いつめられると知恵がでます。

私は公衆電話から100番通話をしたのです。
交換手を通した電話です。
なんとなく繋いでくれるような気がしたのです。

結果は・・・見事勘は的中!

電話はつながり、両親の無事は確認できました。

その時は公衆電話にも人が並んできたので、一度は切って、後刻また連絡したときに
(私としては被害の大きさに気が動転していることもあり)
「とりあえず今から行くわ」と伝えたところ

「来るな!迷惑だ。おまえが来ると飯も食うし、トイレも行くだろ。
それに困っているんだ。食事もなければ水も出ないんだぞ。だから来るな。」

なるほど被災地のボランティアもただ行くだけでは足手まといなんだな。

行くときは自分の食事と泊まる手段を確保してから行かないといけないんです。
よーし教訓にしよう!と考えさせられました。

その時は後にもっと大きな災害に直面することなど、思いもしませんでしたが。

By

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。