イチロー 一色でしたね

>

イチロー 一色でしたね

ジェイ・エス・エス代表

もはや、言及することすらチープな感じがするほどイチローの引退会見は全国(全世界?)を
巡りました。私自身は商売柄、ネットの住人でもあるはずなのですが、昭和のおっさんなので
テレビっ子だったりもします。当日は深夜の引退会見をやるとのことで「ニュースZERO」に
かじりついていました。

東京ドームに観衆が(終電がなくなるかもなのに)大勢残っているのを見て、引退会見は
オーロラビジョンでやるのをパブリックビューイングと化すだの、東京ドームホテルで
やるはずだから、イチローは歩いて移動するのかな?だの、秘密の地下連絡通路があるかもだの、
大衆として楽しんでみていました。

いよいよ引退会見です。
「あれ!?」
あろうことか、イチローの一瞬の一言でCMに切り替わったではありませんか。
「無粋だなー」と思いつつも、その後は何事もなかったかのようにニュースZEROは
終了してしまいました。どうしても引退会見を見たい私はどうしたと思いますか。そう、AbemaTVで続きをみました。

民法TVにはスポンサーがいて、CMが生命線なのもわかりますが、インターネットの力をまざまざと
見せつけられた感じです。おまけに微妙にずれたディクテーションのテロップ付きです。
少し話はずれますが、このテロップは「接続詞」を省略するものでした。
つまり「あのぅ」とか「えーと」はディクテートされないのです。

それにしてもTVの時代が大きく変わろうとしていることを肌で感じました。高待遇に胡坐をかいて
十年一日のごとく振る舞っていたら、もうマスコミの雄、テレビ局も地に落ちますよ。

ところでイチローなんですがあれだけの超一流アスリートになると別格なのはわかります。
あれで野球がへたくそなただのおっさんだったら、友達少なそうですね。
いちいち面倒くさい理屈こねますもんね。

By

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。