エコシステム

>

エコシステム

ジェイ・エス・エス代表

エコシステムって言葉はご存知ですか。(当然!とおっしゃる方、すみません)
「生態系」と訳すると、どうも使われ方が違うんですよね。これは間違いなくICT用語なのです。

と、偉そうに断言しましたが私にもよくわかっていません。何となく色々なつながりや関係をまとめて
表現するときに「エコシステム」って言うとカッコイイじゃないですか。
そうですね・・・今や誰でもご存知の「クラウド」などを「エコシステム」と置き換えて喋ると何となくケムにまけると思います。
そして何より「エコ」と「システム」がシンプルでメジャーな日本語(です!)だから浸透しそうな気もしています。
ICTの世界ではよくこんな現象が起きます。思いつくままにあげてみますね。

最近だと「ワークスタイル変革」です。これがすっかり「働き方改革」にとって変わりました。
もちろん厳密に言うと違うのでしょうね。
そしてあんまり浸透しそうにない流行語(バズワードとも言います)が
何と言っても「デジタルトランスフォーメーション」、なげーわ!
各社がこぞって提唱するものの舌を噛みそうでもあり、
また何を指すかはっきりしないので個人的には浸透しないと思います。
「デジトラ」で通じれば浸透するかもですね。

そうそう、短縮すると言えば「サブスクリプション」です。
当社のがプリ!もサブスクリプションモデルでご提供していますが、
こちらも舌を噛みそうな英語で最近では「サブスク」と呼ばれて定着しそうな感じです。
業界の方なら「ジャバスク」を思い出す音感です。

呼び方はマスコミやネットでいつしか通称に変わり、世に定着するものなのです。
あの「バース」(えっ、知らない?)もデイリースポーツは来日当時「バス」としていました。
業界ですでに死語と化した「ユビキタス」もう意味すら知らない方も多いのではないでしょうか。

By

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。